夜行性の動物たちの姿や活動

夏の季節になると様々な動物園で開園時間を延長し、夜の動物園を楽しむ事が出来ます。

日中は暑くて、人間も動物たちもぐったりしてしまいがちな夏の季節には、夜の動物園がお勧めです。

動物園によって異なりますが、動物園にビアガーデンを用意されている所もあるそうで、お父さんにとっては嬉しい粋な計らいをしてくれる動物園もあるようです。

でも何と言っても、夜の動物園で一番の楽しみと言えば、日中では見る事の出来ない、夜の動物たちの行動を見る事が出来る事です。

特に夜行性の動物は昼間はずっと寝ていたり、起きていても特に動く事はせず、じっとしているだけです。

ですが夜の動物園では、その夜行性の動物たちの起きている姿や活動している姿を見る事が出来る、とても貴重な時間を過ごす事が出来るのです。

夜行性の動物には、カンガルーやコアラ、ライオン、オオカミ、フクロウ、コウモリ、キツネ、ムササビ、ニシキヘビなどが挙げられます。

その他にも夜行性の動物には、本格的な夜行性動物や、やや夜行性の動物、昼間も活動しますが夜になると更に活発になる夜行性動物など、驚くほどたくさんの種類の夜行性動物が存在します。

そんな夜行性動物たちが、夜の動物園で生き生きと活動しているのです。

夜行性動物以外にも、普段は見る事の出来ない動物たちの夜の行動を見る事が出来ます。

それもまた新鮮で大人も子供も楽しめます。

しかも園内はライトアップされている所が多く、ライトアップされた動物園が幻想的な世界を造りだし、雰囲気の良い園内になっていますので、カップル達のデートコースとしても最適です。

更には動物園によって異なりますが、様々な企画や催し物が飼育員の方達によって開催されており、日頃中々聞く事の出来ない動物への質問や、飼育員の方達の仕事内容など、動物園に関する色々な話を聞く事ができます。

夏休み中の子供たちにとっては、夏休みの自由研究にも最適です。

このように、夏になると期間限定で「夜の動物園」を開園し、より多くの方に動物たちの生態を知ってもらおうと数々の動物園で開催されている企画です。

それ以外にも、経済状況の悪化から閉園に追い込まれてしまう動物園も少なくはありません。

その理由には、多くの方達の動物園離れといった現在の状況が大きいとも言われています。

ですので「夜の動物園」を開催し、日中以外の新たな動物たちを知ってもらう事で、また多くの方達が動物たちに興味を示し、動物たちに癒されてほしいという動物園側の願いが込められているのかもしれません。

期間限定ですので、この時期にしか味わう事のできない楽しさが満載です。

昼間は暑くて出かけるのも億くうという方には特に「夜の動物園」はお勧めです。

一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。